信夫山とは | 信夫山ガイドセンター
“信夫山”とは?  ~ ふくしま人のルーツ 信夫山 ~
信夫山(しのぶやま)の概要
 信夫山は、全国でも珍しい、盆地の中央にぽつんと残された里山で、太古の昔からふるさとの象徴として人々に愛されてきました。
 東西2.7km、周囲約7kmの自然豊かな美しい小山で、面積は皇居とほぼ同じです。
 中央に羽黒山(はぐろさん)(標高260m)、西に羽山(はやま)(標高275m)、東に熊野山(くまのさん)(標高268m)、さらにその北には立石山(たちいしやま)(標高220m)、と、いくつもの峰から成り立っていて、昔から山岳信仰の山として知られ、それぞれの山頂には信仰の対象である神仏が祀られています。
 信夫山は、平安の昔からみちのくの憧れの山として、多くの歌枕に詠まれ、江戸・明治時代には文芸の山としても有名でした。
 多くの歴史と伝説に彩られた信夫山は、街の中の森林空間として、動植物の宝庫としても貴重な存在であり、まさに市民の宝の山となっています。
信夫山は山ではない!? 海底だった福島盆地
 遠~い昔、新第三紀中新世の始め(約2300万年前)の福島盆地一帯は海底の時代でした。1000万年前ごろ、奥羽山脈が隆起を始め、500万年前ごろに福島盆地は陸化しました。あちこちで火山活動がさかんになり、信夫山の地下にもマグマが貫入しました。
 50万年前ごろ、福島盆地は逆に陥没をし始めましたが、マグマの影響で固くなっていた信夫山は、そのまま盆地の真ん中に取り残されました。「残丘(ざんきゅう)」または孤立丘(こりつきゅう)とよばれる地形なのです。
 山頂には貝や魚の化石があり、海底時代の名残ですね。また、優秀な金山でもありました。
 豊かな自然環境があり、信仰や伝説にもあふれた、街の真ん中にある里山、信夫山は全国でも“まれな存在”なのです。
360度の展望が自慢です
 孤立丘なので、周囲すべてを見渡せるのが信夫山の自慢。雄大な吾妻連峰と、福島市の大西部を一望する絶景の烏ヶ崎を筆頭に、旧市内を眺める第1展望台、福島東部と競馬場を眼下に見下ろす第2展望台、そして、福島市北部を眺望する第3展望デッキなど、展望ポイントはなんと7か所もあるのです。
ガイドセンターからは南部(市街地中心部)と東部・西部の一部が眺望できます。

東西南北から見る信夫山

東から見る信夫山

西から見る信夫山

南から見る信夫山

北から見る信夫山

信夫山わらじい