信夫山ガイドセンターとは

福島県福島市は盆地です。その福島盆地の中、全国でも珍しい街の真ん中にぽっこり浮かぶ小山。その小山が「信夫山」です。
信夫山は、360度の展望と豊かな自然、歴史がいっぱい!信夫山は、冒険と物語の山です。
そんな信夫山のあれこれを広く皆さんに知ってもらおうと開設した「信夫山ガイドセンター」です。


おもしろ山、びっくり山、みんなの知らない信夫山!
信夫山ガイドセンターで、信夫山を知り、信夫山を探索!
さぁ、みんなで信夫山を楽しみましょう!


「信夫山の歴史や伝説」のご紹介、素晴らしい展望が楽しめる「ハイキングコース」のご案内など、ガイドセンタースタッフが、おもしろ楽しく丁寧にご説明いたします。ぜひ、お出かけください。スタッフ一同お待ちしております。

信夫山の概要

信夫山は、全国でも珍しい、盆地の中央にぽつんと残された里山で、太古の昔からふるさとの象徴として人々に愛されてきました。東西2.7㎞、周囲約7㎞の自然豊かな美しい小山で、面積は皇居とほぼ同じです。中央に羽黒山(はぐろさん)(標高260m)、西に羽山(はやま)(標高275m)、東に熊野山(くまのさん)(標高268m)、さらにその北には立石山(たちいしやま)(標高220m)と、いくつもの峰から成り立っていて、昔から山岳信仰の山として知られ、それぞれの山頂には信仰の対象である神仏が祀られています。
信夫山は、平安の昔からみちのくの憧れの山として、多くの歌枕に詠まれ、江戸・明治時代には文芸の山としても有名でした。
多くの歴史と伝説に彩られた信夫山は、街の中の森林空間として、動植物の宝庫としても貴重な存在であり、まさに市民の宝の山となっています。

信夫山は山ではない?海底だった福島盆地 -信夫山で化石が見つかる理由-

遠い昔、新第三紀中新世の始め(約2300万年前)の福島盆地一帯は海底の時代でした。1000万年ごろ、奥羽山脈が隆起を始め、500万年前ごろに福島盆地は陸化しました。あちこちで火山活動がさかんになり、信夫山の地下にもマグマが貫入しました。

500万年前ごろ、福島盆地は逆に陥没を始めましたが、マグマの影響で固くなっていた信夫山は、そのまま盆地の真ん中に取り残されました。「残丘(ざんきゅう)」または孤立丘(こりつきゅう)とよばれる地形なのです。

山頂には海底時代の名残である貝や魚の化石があり、また、優秀な金山でもありました。
豊かな自然環境があり、信仰や伝説にもあふれた、街の真ん中にある里山、信夫山は全国でもまれな存在なのです。

覆刻版信夫山 -信夫山の歴史を探りたい方に-

昭和16年に出版された西坂茂著「信夫山」(自費出版300冊)が、昭和62年に梅宮茂氏(旧制西坂茂)監修により「覆刻版信夫山」として再刊されました。この復刻版は、本文の誤字を訂正したのみで、原著そのままに覆刻されています。また、原著の表紙の「伊勢物語」を見返しに残してあります。
現在は、この覆刻版も絶版になっており、手にすることができません。ガイドセンターにおいでいただいて、是非、お読みください。(※非売品です)