今週から始まる「わらじいと行く信夫山散歩」。約一年をかけて、信夫山のあらゆる情報を発信していきます。信夫山のことなら何でも知っている、私「わらじい」の話を期待してください。
まず、信夫山を知るには、地理を勉強しましょう。大きさは一周約7㌔㍍。これはなんと皇居と同じ大きさ。びっくりですね! そして、東西の長さは2・4㌔㍍。大わらじが奉(まつ)られている羽黒山を中心に、西に鴉(からす)が崎がある「羽山」、東に熊野山の「信夫三山」があります。最高地点は羽山の275㍍。ほぼ中央を信夫山トンネルが貫いています。
信夫山は、周囲を街に囲まれた里山です。これは全国でもとても珍しい「孤立丘」といわれる地形。そのため、東西南北から眺めることができ、見る地点によって、全く違った形の山になる不思議な存在なのです。
ですから、信夫山には360度の展望があります。例えば、西の鴉が崎からは、雄大な吾妻連峰・あだたら連峰と福島西部一帯が、東の第二展望台からは、福島競馬場が眼下に見下ろせ、阿武隈川の悠久の流れが見渡せます。他に7箇所の展望ポイントがあり、それぞれから福島の美しい景色を楽しむことができます。
さあ、これから毎週、わらじいと一緒に、信夫山の魅力を再発見していきましょう!