不思議な伝説や、謎に満たされている信夫山。となると、当然、パワースポットや強烈なマイナスイオンが流れているスポットが存在します。
昔から、神社のあるところは不思議と霊気が強く、お参りをすると何か心身がすがすがしくなることは、皆さんも経験をしていると思います。
実は、信夫山は、山全体が、そんなパワーに満ちた山なのです。

 信夫山の西端「烏が崎」は、誰もが知っている絶景の展望デッキです。不思議なことに、ここで親指と人差し指で輪をつくると、強引に引っぱっても外れないとか。信夫山にデートに出掛けたときに、彼に輪をつくってもらい、引っ張って外れなければ、2人は結ばれるかも!
烏が崎に登る手前の月山駐車場の下に「空海の座禅石」があります。昔、弘法大師(空海)が座禅を組んだ、という伝説がある大岩。その石に登って座禅を組むと、不思議に頭が冴え、すーっとストレスが消えていくようです。
羽黒神社の大わらじの右奥には、上部に円相が刻まれた石碑があります。この丸い円の中央に頭を当てると、たちまち頭痛が治るといわれています。円相は大日如来を表し、古くから多くの人の悩みを取り除いてきたそう。不思議ですね。
続きは次号に掲載します。