信夫山に登場してから、ねこファンに急に知られるようになったのが「ねこ稲荷」です。
何が注目されたかというと、信夫山で「ねこの幸せ祈願ができる」というところ。しかも、愛猫の写真をケースに入れて、立派な奉納ボードに掲示してくれるのです。
今年の「ねこの幸せ祈願祭」は4月16日(日)に決まりました。会場は信夫山護国神社で、午後1時から受付開始、テント張りの会場で持参したマイ猫写真にメッセージを書き込んだり、お礼をもらったりして、2時に護国神社でご祈祷(きとう)が始まります。

 ご祈祷が終わったら、いよいよねこ稲荷へ。急坂を登ると赤鳥居が並び、昔の雰囲気がただよう御手洗池(みたらしいけ)の奥に、大きな写真奉納ボートが見えます。そしてねこ稲荷の小宮が・・・。皆さん心を込めてマイ猫の幸せを祈ります。
現在、写真は200枚を突破。フリーで訪れる人も多く、増殖中です!
実は、この猫稲荷は「西坂稲荷」という正式な名前があって、伝説の「ご坊狐」の稲荷さま。人化かしの名人だったのですが、自慢のしっぽを失って改心し、蚕を食い荒らすネズミを退治する守り神になったのです。
地域の人に愛されたねこ稲荷は、今では猫ファンの聖地になっています。全国にPRしたいですね。