さて、みなさんは「着地型観光」という言葉をご存知でしょうか?
これは従来の観光のように、既存の美しい風景や名所旧跡をめぐるのではなく、「その土地に昔からある独特なもの、土地に住む人にとっては何でもない存在や風習が、実は本当の魅力がある観光資産なのだ」という考え方です。そんな視点で、信夫山を見てみるとどうでしょうか?

 信夫山は、展望・自然・生成・歴史・伝説・冒険など、数え上げたらきりがない、まさに「着地型観光スポット」として全国にも希(まれ)な存在なのです。
街の真ん中にある信夫山の観光活用は、そのまま街の回遊人口・購買人口を増加させ、街を賑(にぎ)やかに活性化します。
また、みんなが信夫山の魅力を知ることで古里を愛する心が養われます。
信夫山の活用が、街を元気にするのですね。